TOP > 会則
Link

会則

:北海道女性医師の会 会則のご案内です。

北海道女性医師の会(日本女医会北海道支部)会則

(名称)
第1条:本会は北海道女性医師の会と称する。

(目的)
第2条:本会は会員各自の品性の向上、知識の進歩、および会員相互の親睦を
    はかり、女性医師の権利を擁護し、社会に貢献し、人類の福祉を増進
    することを目的とする。

第3条::本会は国際親善に寄与し、国際女医会、日本女医会等との関係を保つ。

第4条:本会はその目的達成のため、会員相互の情報の交換を図り、研修会、
    講演会などを行う。

(会員資格および資格喪失)
第5条:北海道在住の女性医師で、会費を納入したものを会員とする。

第6条:3年以上会費を滞納し、督促に応じないものは会員資格を喪失する。

(役員)
第7条:本会は、その運営のため、下記の職務を行う役員をおく。
    会  長: 1名:会を代表し、会を招集し、会務を総理する。
    副  長:若干名:支部長を補佐し、不在の際は職務を代行する。
    理  事:若干名:会務を執行する。
    会  計: 2名:会費を徴収し、管理する。
    会計監査: 2名:会計を監査する。

第8条:役員は総会で定め、任期は2年とし、再選を妨げない。

第9条:事務所は代表住所におく。

(議決機関)
第10条:本会の議決機関は総会および理事会とし、総会は年度始めの定時総会、
    及び臨時総会とする。

(会の成立)
第11条:総会は、会員の 5分の1 以上の出席をもって成立する。

第12条:理事会は過半数理事の出席をもって成立する。

第13条:やむを得ず欠席する場合は、あらかじめ通知されている議題に関しては
    意見を表明すること、また出席者に議決を委任することができる。

第14条:議決は多数決とし賛否同数の場合は議長がこれを決する。

第15条:臨時総会開催は理事会の決定による。なお会員は必要な場合、理事会に
    臨時総会の開催を要請できる。

(役員の補充)
第16条:役員に欠員が生じた時は理事会で決定する。その場合の任期は、前任者の
    残りの期間とする。

(会費)
第17条:本会の運営は会費その他の収入でまかなう。4月1日より、翌年3月31日
    までを会計年度とし、会費は年間4000円とする。

附 則:平成 2年 2月 17日 一部改正
    平成15年 4月 26日 ―部改正


細則
(会議費)
1 札幌市外在住の理事者には、理事会出席には旅費を実費充当する。
2 理事会および委員会出席者には費用代償として1000円を充当する。

(弔意)
3 会員の逝去に関しては供花を供える。

(次期会長選出)
4 会長推薦委員会を改選期の前年に組織し、改選6ヶ月から3ヶ月前に臨時総会を開催
 して決定する。委員は3名として、少なくとも1名は会長経験者とする。


上記は平成15年4月26日より発効する。


  pagetopページTOPへ
COPYRIGHT@HOKKAIDO MEDICAL WOMEN'S ASSOCIATION. ALL RIGHTS RESERVED.